もくもく研究室

すきな技術の話とか

【Review】「変われない自分」を一瞬で変える本

はじめに

こんにちは、気温が下がり始め夏の終わりを感じはじめる季節となりました。
そんな時期に私は仕事の夏休みを取得し、久々に長期の自由な時間得ることとなりました。
しかし、夏休み直前に上司が退職宣言をしたり、大学のゼミ旅行についていくと転職を進められるなど、
自分の今後の身の振り方を考えさせられる場面が多くなりました。

沈んだ気持ちを変えようと書店へ赴き、目に入った印象深かった下記の本を買い、読みました。

f:id:ylab-203:20180912161414p:plain

こちらの本の中で繰り返し登場する重要なキーワードが「潜在意識」というものです。
自分の普段の行動や思考で用いている顕在意識はほんの数%しかなく、残りのほとんどは潜在意識というものになります。
つまり、長年のカンが〜や、直感的に判断して〜などといった「カン」をいかにしてコントロールするかという内容です。

正直、購入前に自分が求めていたような内容とは若干異なっているなという印象でしたが、印象に残ったのは下記の3点です。

  1. 潜在意識=知識の貯蔵庫という考え
  2. 潜在意識にかかっているブロックを外す
  3. 「願望を叶えるために苦労は必要だ」を捨てる

1. 潜在意識=知識の貯蔵庫という考え

この話を読んでいる際はずっと、この考え方は機械学習に近いなと考えていました。(機械学習そんなに詳しくないですが。。。)
機械学習では一定量のデータセットを用意してコンピュータに読み込ませ学習させるのですが、この部分は本当にそのまま知識の貯蔵庫と表現するのに適している気がしました。
要するに、人間がある状況に置かれたとき(入力)、どのような行動ができるか(出力)はこれまでの経験から得た記憶(データセット)で決まるということです。
本書の中でも、自分たちの行動や思考の表に出てくる顕在意識は、常に活動している潜在意識によって支えられているとのことなので、普段から経験の質・量だけでなく、それらを整理して記憶の中にとどめて置くことが重量となるのだと思います。

2. 潜在意識にかかっているブロックを外す

日頃から「こんなことがやりたいんだけど難しそうだな〜」とか「時間がないんだよな〜」考えることがよくあると思います。
やってみればなんてことないようなことでも、やりたくない理由を探してしまいがちです。
ですが1歩踏み出せば、世界は簡単に変わるなと最近思っています。

3. 「願望を叶えるために苦労は必要だ」を捨てる

つらい気持ちで行動しても、いい結果はなかなか出ないそうです。私もその経験はよくあります。

例えば、自分の大学時代は数学系の授業が苦手で教科書を読むことさえ「難しいな〜」や「嫌だな〜」といったことで頭がいっぱいでした。そのような時は大抵、テスト勉強は苦痛でなんとかして計算式を丸暗記することで精一杯というような状態でした。しかし、ゼミに所属してから自分の好きな研究を行えるようになってからは、いかに難しそうな論文や書籍でもガンガン読み進め、同期に絶対に終わらないと思われていた研究を期限内に終わらせることができました。

努力していて偉いね〜とたまに言われますが、やっている本人からするとそもそも努力しているという感覚でやってはいません。
好きなことを好きなだけやっているのですから。
すると自然といい結果が出るみたいです。

あとがき

初めて読んだ本のレビューを書きましたが、ざっと書き終わって読み返すと自分のことしか書いていないですね。。。(読みづらくて申し訳ないです。)
これから読まれる方のことも考えネタバレを控えなければと考えると、バランスが難しいですね。
今回の反省点を生かして、次回はもう少しわかりやすいレビューを書きます!!

VirtualBox ローカルネットワーク作成

はじめに

個人的にはvmware派なのですが、スナップショット機能が使いたかったのでVirtualBoxを使うことに。
しかしVirtualBoxそのままではCLIのコピペなどができなくて少し不便です。
vmware-toolsのようなホスト・VM連携ツールもあるようなのですが、とりあえずコピペができればいいので使い慣れたTeraTermからsshでいいやと考えました。
デフォルトはNATのネットワークを利用するのでそれを使えばいいかなと思ったのですが、ホスト側でそのNATのネットワークが見えないのでsshできないのでさて困りました。
そこで、VMに2つ目のNICをつけてssh用のローカルネットワークを作成することにしました。
(もっと簡単な方法あるだろうという突っ込みが来そうですが。。。)

目的

VirtualBoxに立てたVMTeraTermからssh接続する

手順

f:id:ylab-203:20180714171832p:plain 1.VirtualBoxを開き、ファイルのタブを選択。

f:id:ylab-203:20180714171916p:plain
2.「ホストネットワークマネージャー」を選択し「作成」を選択。プログラムの変更を許可するかどうかの画面が出てくるので許可する。

f:id:ylab-203:20180714172010p:plain 3.するとアダプターが一つ作成されるので、プロパティを選択。IPアドレスのレンジやDHCPの設定を行う場合はこちらで設定。

f:id:ylab-203:20180714172443p:plain 4.(任意)コマンドプロンプトで「ipconfig」と入力すると、3で作成したアダプタがホストで認識できていることを確認できる。

f:id:ylab-203:20180714172247p:plain 5.最初の画面に戻り、sshで入りたい対象のVMを選択し「設定」を選択。

f:id:ylab-203:20180714172608p:plain 6.「ネットワーク」>「アダプター2」より、
・「ネットワークアダプターを有効化」にチェック
・割り当て:「ホストオンリーアダプター」を選択
・名前:「(3.で作成したネットワークアダプタの名前)」を選択
・「OK」を選択

7.VMを起動

8.ログイン後下記のコマンドを実行

[root@localhost ~]# nmcli device
デバイス  タイプ    状態      接続
enp0s3    ethernet  切断済み  --
enp0s8    ethernet  切断済み  --
lo        loopback  管理無し  --

ここでは「enp0s8」が先ほど作成した「アダプター2」のNICとなります。
このデバイス名を覚えておき、下記のコマンドを実行。

[root@localhost ~]# nmcli connection modify [デバイス名] ipv4.addresses [IPアドレス]/[CIDR長]
[root@localhost ~]# nmcli connection modify [デバイス名] ipv4.method manual
[root@localhost ~]# nmcli connection up [デバイス名]

バイス名とIPは各々の環境に合わせて変更してください。
僕の環境ですと下記の通りになります。

[root@localhost ~]# nmcli connection modify enp0s8 ipv4.addresses 192.168.56.200/24
[root@localhost ~]# nmcli connection modify enp0s8 ipv4.method manual
[root@localhost ~]# nmcli connection up enp0s8

設定後、再度下記のコマンドを実行し確認します。

[root@localhost ~]# nmcli device
デバイス  タイプ    状態      接続
enp0s8    ethernet  接続済み  enp0s8
enp0s3    ethernet  切断済み  --
lo        loopback  管理無し  --
[root@localhost ~]# ping 192.168.56.1
PING 192.168.56.1 (192.168.56.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.56.1: icmp_seq=1 ttl=128 time=0.868 ms
64 bytes from 192.168.56.1: icmp_seq=2 ttl=128 time=0.732 ms
64 bytes from 192.168.56.1: icmp_seq=3 ttl=128 time=0.788 ms
64 bytes from 192.168.56.1: icmp_seq=4 ttl=128 time=0.756 ms
^C
--- 192.168.56.1 ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 3004ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.732/0.786/0.868/0.051 ms

先ほどコマンドプロンプトで「ipconfig」をたたいた際に出てきたIPあてにpingが飛べば成功です。

9.最後にTeraTermを起動し、設定したIPあてにsshができれば成功です。

終わりに

VMのネットワーク設定を行うだけで、本当にやりたかった作業にたどり着く前に休日が終わりました。。。

不明点・記載ミス・誤字脱字などのご指摘等ありましたらコメントお願いします。
それではまた。

さくらのクラウドを使ってみた(pert1)

はじめに

以前Manabiyaというエンジニアのイベントに参加させていただいた際に、さくらインターネット様からお試しチケット20,000円分を頂来ました。
クラウドをほとんど触ったことがありませんでしたが、せっかくの機会なのでお試しさせていただきました。
(申し込み期限が6月末までだったので、なかなかギリギリでした・・・)

アカウント開設

さくらのクラウドを利用する際は、まずは以下のサイトからアカウントの開設を行います。
cloud.sakura.ad.jp

f:id:ylab-203:20180617144512p:plain

こちらのサイトから
→1.アカウント開設
→2.必要事項を記入
→3.同意して登録
→4.電話認証

の順で登録を行います。 登録が完了すると、以下のようなコントロールパネルのサイトが表示されます。
(UIおしゃれで個人的には好きです)

f:id:ylab-203:20180617151420p:plain

ユーザーの作成

さくらインターネットとしてのアカウント登録は行いましたが、まだサーバーなどを立ち上げられなさそうです。どうやらまずはアカウントの作成を行う必要がありそうです。

f:id:ylab-203:20180617151411p:plain

コントロールパネルの左のツールバーより、
→1.アカウント
→2.左上の作成
→3.約款に同意する、個人情報の扱いに同意する

→4.ユーザ →5.ユーザの作成 →6.項目を入力 →7.アクセス権限(作成・削除)

の順で作成していきます。
入力が全て完了したら右下の作成ボタンを押します。

f:id:ylab-203:20180617151335p:plain

いざ、さくらのクラウド

さて、アカウントの作成が完了しましたら、コントロールパネルのトップページへ戻ります。
そして、右上のプルダウンからアカウントを選択します。

f:id:ylab-203:20180617151447p:plain

そして選択を行うと各サービスのアイコンがくっきりしてきて選択できるようになります。
さて、それではお待ちかねのさくらのクラウドを選択してみましょう。

f:id:ylab-203:20180617151707p:plain

さて、そうすると別のコントロールパネルのような画面に飛びます。 ここで、クレジットカードが未登録という旨のメッセージが出ます。
あとで登録もできるのですが、サーバーなどのサービスを立ち上げる際に(クーポンを使用していても)カードが登録されていないとエラーが発生するので、この場で登録してしまいましょう。

f:id:ylab-203:20180617151804p:plain

クーポンの登録

さて、頂いたクーポン20,000円分を登録していきます。
さくらのクラウドのホーム画面から
→1.設定
→2.クーポン
→3.追加
→4.自動的に課金が始まります
 →5.同意
の順に設定を進めることでクーポンが反映されます。

f:id:ylab-203:20180617152345p:plain

以上で20,000円分のクーポンが反映されるとおもいます。

あとはサーバー作成のボタンを押すだけで簡単にサーバーが作れてしまうそう。
このクーポンの金額を超えない範囲でサーバーなど作って遊んで行けたらなと思います。

次回はサーバーと立てたり、ルーターを設定してみたり遊んで見たいと思います。

CentOSネットワーク設定

CentOSの基本的なネットワーク設定例です。 IPアドレスゲートウェイなどは、下記のパラメータ説明を参考によしなに変更を行ってください。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
HWADDR=[MACアドレス] 
TYPE=Ethernet
UUID=[UUID]
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=none
IPADDR=192.168.3.201
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.3.1
DNS1=8.8.8.8
IPV6INIT=no
USERCTL=no
1 パラメータ 説明
2 DEVICE 適応するインターフェース名
3 HWADDR MACアドレスの指定
4 TYPE インターフェースの種類
5 UUID 機器を一意に識別するID(UUID)
6 ONBOOT 起動時に有効にするか
7 IPADDR IPアドレス
8 NETMASK サブネットマスク
9 GATEWAY デフォルトゲートウェイ
10 DNS1 DNS指定
11 IPV6INIT IPv6を有効にするか
12 USERCTL rootユーザ以外にも設定を許可するか

CentOSパーティション

CentOSで切り分けるとよいパーティションについて以下にまとめました。
VMWarePlayer上で容量20GBで作成しているので少なめです。

バイス 容量 マウントポイント ファイルフォーマット 基本パーティション
sda1 300M /boot ext4
sda2 メモリと同程度 - swap
sda3 2000M程度 / ext4
sda4 - 拡張パーティション - -
sda5 5000M程度 /usr ext4
sda6 1000M以上 /usr/local ext4
sda7 300M程度 /tmp ext4
sda8 4000M以上 /var ext4
sda9 残り /home ext4

Linuxパーティション分けの際、4以内で収まる場合はすべて基本パーティションで作成できます。
しかし、5つ以上作成しようとした時は、4番目のパーティションを「拡張パーティション」として用意し、 それ以降のパーティションはすべて「論理パーティション」という扱いになります。
物理的に違いはありますが、実際使う際はほとんど意識しないで使えます。

自己紹介

■自己紹介

名前 : ゆう (yuu)

年齢 : 23

職業 : インフラエンジニア (見習い)

趣味 : 読書、ゲーム、一人旅 

 

■記事について  

エンジニア見習いなので、誤字脱字や設定の記載ミスなど多々あると思います。  

十分注意して記事に記載しておりますが、万が一記載ミスを見つけた方はご一報いただけると幸いです。