どっとlog

毎日のログを残す場所

CentOSパーティション

CentOSで切り分けるとよいパーティションについて以下にまとめました。
VMWarePlayer上で容量20GBで作成しているので少なめです。

バイス 容量 マウントポイント ファイルフォーマット 基本パーティション
sda1 300M /boot ext4
sda2 メモリと同程度 - swap
sda3 2000M程度 / ext4
sda4 - 拡張パーティション - -
sda5 5000M程度 /usr ext4
sda6 1000M以上 /usr/local ext4
sda7 300M程度 /tmp ext4
sda8 4000M以上 /var ext4
sda9 残り /home ext4

Linuxパーティション分けの際、4以内で収まる場合はすべて基本パーティションで作成できます。
しかし、5つ以上作成しようとした時は、4番目のパーティションを「拡張パーティション」として用意し、 それ以降のパーティションはすべて「論理パーティション」という扱いになります。
物理的に違いはありますが、実際使う際はほとんど意識しないで使えます。

Raspberry PiにCentOSをインストール

環境

・PC : MacBook Air OS Sierra
Raspberry Pi B+
microSD 16GB

手順

1.CentOSのimgファイルをダウンロード

下記サイトのrpi2-centos-image.img.xzをクリックしてダウンロードする。
Index of /hughesjr/armv7hl/rpi2/images

2.解凍

1でダウンロードしたファイルを解凍する。
unxz rpi2-centos-image.img.xz
unxzはファイルを解凍するコマンドです。

3.SDカードへ書き込み

diskutilコマンドでSDカードのデバイスファイルのパスを確認する。

$diskutil list
/dev/disk0 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *251.0 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:          Apple_CoreStorage Macintosh HD            250.1 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3

/dev/disk1 (internal, virtual):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:                  Apple_HFS Macintosh HD           +249.8 GB   disk1
                                 Logical Volume on disk0s2
                                 C8E1267E-8684-437E-8B50-0FBB84817F38
                                 Unlocked Encrypted

/dev/disk2 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *15.8 GB    disk2
   1:                  Apple_HFS 名称未設定              15.8 GB    disk2s1

今回は/dev/disk2がSDカードのデバイスファイルです。

確認したらSDカードをアンマウントします。
diskutil unmountDisk /dev/disk2

次に2でダウンロードしたCentOSのイメージファイルをSDカードに書き込みます。

$ sudo dd bs=1m if=rpi2-centos-image.img of=/dev/disk2
Password:
4096+0 records in
4096+0 records out
4294967296 bytes transferred in 638.292432 secs (6728839 bytes/sec)

ddコマンドはファイルを変換しながらコピーするコマンドです。
dd bs=「ブロックサイズ」if=「入力ファイル」of=「出力ファイル」

4.完成

最後に、Raspberry Pi本体に差し込み起動すれば完成です。

自己紹介

簡単に自己紹介します。

名前 : ゆう (yuu)

年齢 : 23

職業 : インフラエンジニア (見習い)

趣味 : 読書、ゲーム、一人旅