どっとlog

毎日のログを残す場所

CentOSパーティション

CentOSで切り分けるとよいパーティションについて以下にまとめました。
VMWarePlayer上で容量20GBで作成しているので少なめです。

バイス 容量 マウントポイント ファイルフォーマット 基本パーティション
sda1 300M /boot ext4
sda2 メモリと同程度 - swap
sda3 2000M程度 / ext4
sda4 - 拡張パーティション - -
sda5 5000M程度 /usr ext4
sda6 1000M以上 /usr/local ext4
sda7 300M程度 /tmp ext4
sda8 4000M以上 /var ext4
sda9 残り /home ext4

Linuxパーティション分けの際、4以内で収まる場合はすべて基本パーティションで作成できます。
しかし、5つ以上作成しようとした時は、4番目のパーティションを「拡張パーティション」として用意し、 それ以降のパーティションはすべて「論理パーティション」という扱いになります。
物理的に違いはありますが、実際使う際はほとんど意識しないで使えます。

自己紹介

簡単に自己紹介します。

名前 : ゆう (yuu)

年齢 : 23

職業 : インフラエンジニア (見習い)

趣味 : 読書、ゲーム、一人旅